FC2ブログ

忠臣蔵 2

 塾生のみんなへ 

 忠臣蔵 2



 今日は、母の日スペシャル!?


 むかし、むかし、兵庫県の赤穂(あこう)市のあるところに、浅野長矩(あさのながのり)というお殿様(おとのさま)がいました。お殿様は、参勤交代(さんきんこうたい)という制度で、1年おきに、江戸城に行かなくてはなりません。

 江戸城で、お殿様は、吉良義央(きら よしなか・よしひさ)というお殿様に、バカにされます。我慢できなくなったお殿様は、江戸城本丸(えどじょうほんまる)大廊下(おおろうか)、松之大廊下(まつのおおろうか)と言われる廊下で、刀(かたな)を抜きます。吉良義央の、おでこと背中にケガをさせてしまいます。1701年4月21日の出来事(できごと)でした。

 江戸城本丸大廊下(えどじょうほんまるおおろうか)、松之大廊下(まつのおおろうか)は、将軍様のいるところの廊下。殿中(でんちゅう)の廊下でした。殿中では、けっして刀を抜いてはいけないのです。それがルールでした。

 ちなみに松之大廊下(まつのおおろうか)は、幅4メートル、長さ50メートルの、ながーーーい廊下。その名の通り、大廊下(おおろうか)。

 刀を抜いた浅野長矩(あさのながのり)は、すぐに切腹(せっぷく)するように言われます。浅野家は、とりつぶし。お城もすべて取られてしまいました。家臣(かしん)の武士も仕事がなくなり浪人に。

 相手をバカにした吉良義央は、御役御免(おやくごめん)と言って、役職(やくしょく)から、はずされただけ。おとがめなし!?

 なんで?なんで?



 つづく





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
お知らせ
下のメールフォームから、塾宛にメールを送信できます。何かありましたら、言いにくいことなど、メールを送信していただきたいと思います。なるべく早く、担当スタッフが、ご自宅にお電話致します。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
プロフィール

きたぜみ

Author:きたぜみ
北園ゼミナールのスタッフです。アクセスいただき、ありがとうございます。

QRコード
QR
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
リンク